NIKONI

好きなこと、気になることをつらつらと…

#真田十勇士 初日感想(ネタバレあり)追加あり

晴れ 最高10℃ 最低2℃

「舞台 真田十勇士」
2015年1月8日 初日

熱演…
そんな言葉で括ってしまえるようなモノではない。
そんな思いに駆られる程に、上川隆也さんは真田十勇士の舞台を生き切る。

志を胸に家康の前に現れた瞬間から、私の目は上川幸村に釘付け。
少し余裕を持ちつつも威風堂々の家康の前でハッタリをかます緊張感。
上川さんの演技の事を書くと時はよく使うことだけど、
上川さんは、異なる心理を同時に表現する。
普通に存在する感情だけど、それを演技で見せるのは普通の事ではない。
今回は、B22と云う最前列の素晴らしい席だったので、
上川さんの本当に細かな演技まで見ることが出来た。
淀の方と大野修理の全てを否定する様な愚弄の言葉を聞く時の悔しそうな表現。
彼女らからは見えない部分でのみ表す悔しさ。
淀の方から見えない、観客側の右手を細かく震わせながら強く握り締める。
罵る言葉を静かに聞きながら、小さく震える口元。
あの、下顎だけを震わすのは、どうやるんだろう?
やってみたけど、出来なかった。

殺陣の鬼気迫る動きと光を放つ刃。
幸村の刀は本当に切れるのでは?
弾き飛ばされた刀が飛んで来たら受け止めなくては。
そんな、気を抜けない空気に包まれる。

家康に首を差し出され、切るに切れない葛藤と悔しさ。
真田の次男坊は酒も好きに呑めないのか
泥酔し、千鳥足ながらも自身への怒りと、目標を無くした喪失感。

佐助の真実を知り、再び希望を灯す心と燃える瞳。
策略に巡らす時の生き生きとした上川幸村。
今回の酔っ払いっぷりは、前回以上。
上川さんが自暴自棄に酔っ払うと、こうなったりするのかなぁ。
とさえ考えてしまった。
必見のひとつです。

佐助等が仲間になる時の、清海、伊佐の両入道との立ち回り。
財布を掏るシーンはもちろんあるが、全員出て来ての立ち回りも加わった。

ハナの切り盛りする料理屋の場面、
上川さんのアドリブコーナーは勿論存在していたが、
前作ではよろけた振りをしてハナに味噌汁をかけて反応を伺い、佐助に種明かしをしたが、
今回は、この店主人は真田に使えていた者がやっていた筈。
味が違う。何かあったら報告がある筈。
そう問い詰め、ハナもそこで白状する。
前作では見かけなかった薬売りなどが、そこで徳川の間者と判明してしまう。

秀頼と淀の前で、自分は兄だと打ち明ける場面は、前作よりもさらに感動的で、不覚にも涙が出てしまった。

最も好きな場面が、幸村の絶命。
大勢の敵の槍を一身に受けつつ、満足そうに笑みを浮かべた上川幸村がたまらない。
前作では少し消極的に感じられた口の血を拭う動作がわかりやすくなっていて、
このことが特に嬉しかった。
何故かこのシーンにフェチる私。

十勇士絶命後、幸村が哀しげに立ち尽くす。
その時に大助の頭を愛おしそうに、よくやった。、とばかりにゆっくりと撫でてあげる幸村、涙が出ました。

何よりも素敵だったのが、
中島みゆきさんの「月はそこにいる」にのせて昇ってくる満月をバックに、真田十勇士のシルエットが映える。
この、影絵のような場面、幸村と佐助の影の重なりに、目も心も奪われた。

これは、自己満足の思い込みだけれど、
上川さんが演技上向ける視線と、目が合っていたように思えて幸せだった。
この良席ならではの、舞台上の役者さん達の息遣いに、
観客席の自分迄もが舞台にいる錯覚を覚える事を禁じ得なかった。

前作でも感じた事だか、上川さんの舞台は、劇場全てを包み込みます。
共に哀しみ、絶望し、喜び、燃える。
だから、何度観ても、何度でも、真田十勇士の生き様を共に生き抜ける。
熱い気持ちをもらえる。

3回(多分)、カーテンコール、スタンディングオベーション。
全員がはけて、最後に残った上川さんが、衣装をはためかせながら颯爽と後方のセリに駆け上がるのが好き。
本当に最後のカテコで、他のキャストさん達の後を追ってはけると見せかけ、
またも駆け上がった上川さんがお茶目で可愛かった。
右手…だったかな?…の拳を胸にあてて、トントンと叩いたり、観客席に向かっての拍手のお返し。

破顔の笑みの上川さんは本当に可愛い。
カテコ中、ずっとそうだった。
聞こえないけど「ありがとうございました」と動く上川さんの口の動き。
共演者さん達への気遣い。

上川さんは、極上な役者さんですね。

あと1回、観に行くつもりで真田シートをおさえてあるけど、
昨日、東京千秋楽も購入しました。
観ずには居られなくなりました。
流石に、この時期です。空いてるだけでもラッキーでした。
サイコー列から数席前。
それでも、あと2回、共に生き抜きたいと思います。

最後に料理屋でのアドリブ
「どんなに美味い料理でも、あの伊佐と清海のゴツい腕で作ったと思うと、初日から気が萎えてしまうわ」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nikoxgodiego.blog115.fc2.com/tb.php/1999-c8a180a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad